自分の足に合う靴選びの方法!

台風が近づいていますが、元気です。

どうもやすいどんです。

今回は、前回同様「靴」のお話をさせて頂きます!

前回は靴の履き方などをかきましたが、今回は靴の選び方についてです。

靴を買いに行くときは靴屋さんに行きますね?

そこでこんな経験をしたことはありませんか?

 

「いったいどの靴を選べばいいんだ!?」

今回の記事を読んで正しい靴選び方を知り、皆さんの参考になれば幸いです!

靴選びの落とし穴

まずはじめに、靴選びの落とし穴からお話しします!

靴を選ぶ時ってどのような部分に着目しますか?

よく聞く回答は・・・

・幅の広い靴

・柔らかい靴

・軽い靴

・大きめの靴

・履きやすい靴

・日本人の足に合った靴

などなど。

特に、「日本人の足に合った靴」というのがよく聞く回答かもしれません。

これらは、間違った靴の選び方です。

なぜなら、人それぞれ足の形は異なるからです。

僕は理学療法士として働いていますが、足の形は本当に様々です。

扁平足や外反母趾、逆にアーチが高い人もいれば、幅が狭い人もいます。

本当に様々なんです。

そのため、正しい靴選びとして、

その人に合った靴を選ぶ 

ということです。(すごく当たり前のことを言っています)

ということで、ポイントを押さえて説明して行きますね。

靴選びのポイント!!

ということで、靴選びのポイントです!

今回、押さえて頂きたいのは4つ!

踵周りがしっかりしていること

前から1/3の位置で曲がること

靴底が平らで安定していること

靴の機能が目的とあっていること

この4つです!

まずは踵周りがしっかりしていること。

踵をしっかりホールドすることで、足をついたときの安定性が向上します。

踵の安定性が向上すると、蹴り出しなどにも作用し、足が軽く感じるようになります。

 

次は前から1/3の位置で曲がること。

靴を横からぐいっと押してみてください。

前から1/3曲がる靴だと、歩くときの蹴り出し(踵が上がる時)のサポートをしてくれます。

 

次は靴底が平らで安定していること。

例えば、ハイヒールなどは床と平行ではないのでその分安定性は下がり、余分な力が加わります。

しかし、床と靴底が平行だと安定性が保たれ、余分な力を使わず、歩くことができます。

 

最後に、靴の機能が目的とあっていること

例えば、サンダルで登山はできないですし、登山靴でマラソンは走れないと思います。

靴は、様々な種類があり、その目的と合ったシューズを履くことが必要です。

 

まとめ

どうですか?

靴選びのポイントはわかりましたでしょうか?

重要なのは、日本人の足に合った靴や幅の広い靴など、固定概念に縛られず、人それぞれの足に合った靴を選択することが大事です。

また、メーカーにとらわれてしまうことも良くないという印象です。

オススメの靴のメーカーはなんですか?と良く聞かれますが…

これも人によって全然異なるため、一概には言えないのです。

今後、靴を買う際は気にしてみてください!!

最後までお読み頂きありがとうございました!!

The following two tabs change content below.
アバター

やすいどん

理学療法士×フットケアトレーナー 「靴」を通して障がい予防活動を行っています! 趣味はバスケ&NBA観戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。