【書籍レビュー】もしも理学療法士が「パンと牛乳は今すぐやめなさい!」を読んだら。#1

みなさん、こんばんは。

「もしドラ」ならぬ、「もし牛」と言うことで、今日はこちらの書籍を元に記事を書いていきます。

 

 

 

 

実は内山先生は以前、Presentsでも講演をしていただきました。

食育講演会開催報告~子どもの不調は食事で治そう♪~

非常に大盛況で、スタッフもまた企画したいと考えていますので、その際にはぜひ参加してくださいね。

 

その講演から私は内山先生の大ファン。

 

みなさんは、パンと牛乳はお好きですか?

大ファンですが、私は、パンと牛乳が大好きです。(笑)

 

特にパンは食べやすく、手軽に食事できるところは大きなポイントだと思っています。

 

しかし、幼少期から、朝食がパンで、一緒に牛乳を飲むとなぜか調子が悪くなっていました。

 

なので、小さい頃からパンと牛乳を食べると、体調が悪くなる!と思っていたんです。

 

この本に出会い、その原因を見出すことができたように思います。

 

ではさっそくのぞいて見ましょう。

 

パンと牛乳は今すぐやめなさい!

 

食事指導のうち、最も重要な柱が、「パンと牛乳をやめてくださいね」という呼びかけなのです。

 

まず目に止まるこの文章。

日頃の診療でほとんどの患者さんにいう言葉のようです。

 

そしれパンと牛乳が深く関わっているものとして、

・花粉症

・アレルギー性鼻炎

・喘息

・慢性関節リウマチ

・慢性疲労症候群

・線維筋痛症

・アルツハイマー病

・過敏性腸症候群

・子宮筋腫

・不妊症

・鬱

・乳がん

・自閉症

などがあると書かれています。

 

これらは現代において、多くの人を苦しめているものばかり。

まさかパンと牛乳が関わっているなんて思いもしませんよね。

 

これだけでも非常に興味深いと思いますが、実はまだ3ページしか進んでいません。(笑)

 

それだけでも惹きつけられるのは、内山先生の魅力でしょうか。

 

僕の子どもの1歳半検診が先日あったのですが、医師から「牛乳を毎日飲みましょう」と言われたばかり。

 

食事に関しては、様々な意見があることが多いです。

 

結局は自分がどの情報を心に止めていくか。

 

そして、じゃあどうしたらいいのか?という悩みも出てきますが、それはまた次回に。

 

非常に勉強になる一冊。

 

また来週から少しずつ、ここで紐解いていきたいと思います。また来週ぜひチェックしてくださいね!

 

 

 

Twitterはこちらから👇👇👇
@y_hayashi27

The following two tabs change content below.
インテリPCメガネPT 林 祐介

インテリPCメガネPT 林 祐介

◇【NPO法人presents】理事 ◆地域を健康から豊かにする団体 【tocoS】代表 ◇【臨床OJT研究会】理事 ◆【千葉県理学療法士会】ニュース編集部 ◇理学療法士 ▶︎ ▶︎Facebook(https://www.facebook.com/yusuke.hayashi27) ▶︎twitter(@y_hayashi27) ぜひ繋がりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。