捻挫しちゃったよ…の対処法!

どうも、やすいどんです。

僕は、小学生の頃からバスケットボールをやっています。

趣味はNBA観戦!

今はオフシーズンですが、休日はよく観戦して、興奮しています。

今回は、多くの方が経験する「捻挫」についてお話しします。

バスケットをしていると、足首の捻挫という場面によく遭遇します。

もちろん僕も捻挫をしすぎて、普通に歩いていてもグネってしまうときもあります。

そんな僕に付いたあだ名は「ガラスの足関節」「ポンコツ足首」。

捻挫の癖がつくとこんな素敵なあだ名までついてしまうことになります。

それでは、捻挫したらどうすれば良いのかを書いていきますね!!

そもそも捻挫って何?

 

捻挫というのは、関節に起こります。

すなわち、捻挫=足関節ということではないんですね。

もちろん足関節に多いというのは間違いないですが。

人間の身体は全身に関節があります。

その関節を筋肉で動かすことで歩くことができたり、物に手を伸ばすことができます。

関節がない状態だと棒人間をイメージしてもらうといいと思います。

その関節は基本的に動かせる範囲が決まっていて、安全に動かすことができるように、筋肉や靭帯、腱などで守っているんですね。(可動範囲は人により異なります。)

ということは、その可動範囲を超えてしまうことで、筋肉や靭帯、腱などの組織が損傷を起こし、痛みや腫れなどを引き起こします。

スポーツの現場ではよく見られますが、日常でも捻挫の危険性は色々な場面で見られます。

例えば、砂利道。

不安定な場所を歩くことで、足の安定性を確保できず、捻挫をしてしまうことがあります。

もちろん注意するに越したことはないですが、もし捻挫をしたときの対処法を知っておきましょう。

RICE処置とは??

そもそもRICE処置とはなにか…。
R…Rest(安静)   活動の停止
I  …Ice(冷却)   患部の冷却
C …Compression(圧迫)   患部の圧迫
E …Elevasion(挙上)  患部の挙上
外傷後に必要な応急処置の頭文字をとってRICE処置といいます。
よくスポーツ中に捻挫や打撲をしたり、野球のピッチャーの投球後などにアイシングしたりします。
これもRICE処置のひとつですね。
ひとつひとつ説明していきます。
 
Rest(安静)
組織が損傷した時点で修復起点が働き、回復させようとします。
そこで損傷したまま運動しちゃうと、筋の働きにより患部の血行が促進して、脈拍と同時にさらに出血してしまう可能性があるため、安静が必要となります。
Ice(冷却)
なぜアイシングが必要なのか。
組織が損傷すると、その部位の炎症が起きます。
血流、痛みや代謝は冷却により減少し、急性炎症を抑制して組織の回復を高める働きをします。
組織の損傷が起きてから早ければ早いほどより大きな効果が得られるとされています。
でもやればやるほどいいってわけではなく、20分以上冷却を行うと、凍傷や神経麻痺のリスクが高まるため注意が必要。
温度は場合によりますが、広範囲であれば10℃前後、患部のみであれば2〜4℃が理想とされてます。
Compression(圧迫)
患部は損傷により、出血を起こします。
捻挫とか打撲で内出血することは沢山ありますよね。
圧迫することで一時的に血流量を落とし、血小板による血管修復のペースより、出血量を上回らないようにするために行います。
あともう一つは炎症による腫脹を軽減させるために行います。
基本的には圧迫を行うとき、同時にテーピングや弾性包帯などで固定も行います。
Elevasion(挙上)
患部を心臓より高くすることで重力による血流量の増大を抑え、内出血や腫脹の防止として行います。
RICE処置は、10〜20分
そのあとインターバルとして1〜2時間
これを2〜3日繰り返すのが理想です。
理由としては炎症期間は受傷後24〜72時間くらいで消失するためです。
損傷後にRICE処置を行うかどうかで組織の回復力を高めたり競技復帰が早まることだって考えられます。

まとめ

今回、のRICE処置。

これは非常に重要ですが、一番大事なことは、早めに医療機関に受診することです。

重度の捻挫だと、骨折の可能性もありますし、折れていなくても軟骨を損傷してしまうことだってあります。

その前のケアをすることで、回復力が変化したりするため、ぜひ覚えておいて頂きたいと思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

The following two tabs change content below.
アバター

やすいどん

理学療法士×フットケアトレーナー 「靴」を通して障がい予防活動を行っています! 趣味はバスケ&NBA観戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。