受験生のアナタに・・・届け愛のメッセージ

黄金色の稲穂のそよぐ実りの秋になりましたが、皆様お変わりありませんか?

 

おっと、知的なところが自然と出てしまいましたね。

 

10月の季語では『桃』

 

が好きなクマ臓です。

 

人生にはいろいろな壁がありますが、

 

その一つに『受験』があります。

 

 

 

 

 

この時期は、受験に向かってたくさんの受験生が頑張って勉強をしている姿を、図書館やカフェで見かけます。

 

 

人生を大きく左右する人生の一大イベントの一つなので

 

 

親御さんも当の本人もとってもピリピリモード・・・・

 

こんな悩みはありませんか?

 

そんな受験ですが

 

受験生の当事者のあなたや、お子さんが受験生の親御さんでこんな悩みはありませんか?

 

 

◆集中力が続かない・・・

 

◆勉強しても頭に入らない・・・

 

◆勉強の内容が理解できない・・・

 

 

僕は全然優秀な方ではないので、勉強の仕方に関してはまったくアドバイスできませんが

 

 

カラダ×栄養

 

 

に関しては大得意なので、今回も栄養の面からは何が考えられるかをみていきましょう。

 

 

先ほどの質問ですが、

 

 

実はもしかしたら、それは脳の栄養不足かもしれません!

 

 

なんだってー!!

 

 

当たり前ですが、脳も栄養を使って機能していますので、

 

 

脳に必要な栄養素がないと最大限機能してくれません。。。

 

 

そして、脳に必要な栄養素とは・・・

 

 

ずばり

 

 

ビタミンB群!! 

 

 

 

 

もちろん他にも必要な栄養素はたくさんありますが、今日はビタミンB群に注目したいと思います!!

 

 

ビタミンB群とは?

 

私たちは毎日の食事から栄養素を摂取し、健康を維持しています。

 

 

体を動かすためには、たんばく質・糖質・脂質の三大栄養素がエネルギーとなりますが、この三大栄養素が十分に力を発揮するためには、ビタミンやミネラルが欠かせません。

 

そんな代謝で重要な栄養素といっていいのがビタミンなのです。

 

 

そして、ビタミンは13種類あります。

 

 

つまり、ビタミンB群というのは13種類の総称とういう事です。

 

 

そんなビタミンB群は、脳・神経系で特に需要が高く、その機能維持に必要な栄養素です。

 

 

また、脳の発達に好ましい影響を与える事がわかっています。

 

 

いろいろな食物に含まれる栄養素であることから、ビタミンB群は普通の日本人の食生活では不足することはないと考えられてきました。

 

 

しかし、実際はかなりの数の潜在性欠乏症が存在すると言われています。

 

 

加工食品はビタミンB群の含有量がかなり低下しますし、アトピーや花粉症などの炎症、ストレス、感染症で消費が増大してしまいます。

 

 

ビタミンB群の摂り方のポイント!

 

脳の機能にとっても大事なビタミンB群なので、

 

◆集中力が続かない・・・

 

◆勉強しても頭に入らない・・・

 

◆勉強の内容が理解できない・・・

 

 

等の悩みがある受験生は、もしかしたら脳の機能にとっても必要なビタミンB群が不足しているかもしれませんね。

 

 

ではどう摂ったらいいのか?

 

 

先ほども言ったように、ビタミンB群は1つのものではなく総称なので、ビタミンは単独で働くものではなくB群全てが協力しあって機能を発揮します。

 

 

つまり、バランスよく食べましょうという事です。

 

 

以下にビタミンB群を多く含む食品を載せました。

 

こちらから引用させて頂きました。

 

 

特に需要量が増大する受験期には、ビタミンB群複合体をしっかり摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
クマ臓

クマ臓

何事も熟している方がいいに決まっている!!努力している人が報われる社会を目指す。★一般社団法人日本内臓ヨガ協会 代表理事 ★日本で唯一の内臓ヨガ創始者 ★内臓ヨガインストラクター ★NPO法人 presents 理事 食育事業部長 ★理学療法士 ★内臓と食事と時々熟女