ブラッスリ オ ミエール(高島町)でランチ◎

こんにちは。

ささやん(@sasataaaaa)です。

 

先日、うちの法人が主催する勉強会を横浜の高島町で行ってきました!

 

内容は「姿勢と運動連鎖」ということで、人の体をバイオメカニクスから捉えたり、身体内の繋がりを考慮することで、どのように人々の不調の原因を捉えたら良いかを皆で考えてきました!

 

 

そしてランチタイムに、せっかくなので会場から近くにあるブラッスリ オ ミエール(食べログ)さんでヒレカツをいただいてきました!

 

 

ブラッスリ オ ミエール

 

こちらのお店は横浜の平沼商店街の中にあるこじんまりとした洋食屋さんです。最寄りの高島町駅からは徒歩4分、横浜駅からも徒歩8分と食べログに書かれています。

 

ちなみに知っている方も多いかもしれませんが、この「徒歩〇〇分」というのは、80mを1分として計算していますなので徒歩4分は約320mくらい。

 

80mを1分で歩くということは、60秒で80mだから、1秒で1.3m。時速4.8kmですね。

なんかイマイチ分かりませんが、健康な女性がハイヒールのサンダルを履いて歩いた時の実測平均分速が80.3mだったことから、このようになったそうです!

 

しかしながらハイヒールのサンダルで歩くと姿勢も崩れやすくなります。相当鍛錬している方以外はオススメできません!!

 

 

スニーカーで歩けばきっと3分で到着します。

こちらがお店の外観!カタカナの文字が消されかかっているのが気になりますが、早速中に入ってみます。

 

 

店内はガラガラ!時間は正午を回ったくらいなので、ちょうどお昼時になったばかりです。これから人が来るのか、それとも・・・

 

 

とりあえず僕は肉が食べたかったのでカツレツを。

八街の林事務長と、クマさんはカレーを頼みました。

 

林事務長、スープを本気で飲むとこういう顔になるそうです。

 

 

そして料理を待っている間に、続々とお客さんが入ってきました。

12時半頃にはあっという間に満席!

入店した時はガラガラだったので少し不安になりましたが、地元の人で賑わう人気店だったようです!

 

 

僕が頼んだカツレツ!

お肉が柔らかくて豚肉の甘みがあり、とっても美味しいです◎

 

 

お酒の種類も豊富でワインもいろいろあったので、今度は仕事じゃない日に来たいですね。

 

ちなみに着ているTシャツはユニクロのコラボTシャツ(マルコメ味噌)

味噌は私たち法人の生きる指針ですので、敬意を払ってイベントの時に勝手に着用しています。

 

 

今回お邪魔した、ブラッスリ オ ミエールさんは丁寧に手作りで料理を提供してくださります。(そのため提供までには時間がかかります)

 

豚肉のカツレツは非常に美味しかったですが、林事務長とクマさんが食べていたカレーもめちゃくちゃ美味しそうだったので、また行きたいと決心しています・・・

豚肉を食べよう!

豚肉の栄養

僕はこの日カツレツをチョイスしたわけですが、日頃から豚肉は結構好きで食べています。豚肉は身体にもとても良いんです◎

 

豚肉にはビタミンB1をはじめとするビタミンB群亜鉛鉄分カリウムなどが特に豊富に含まれています。

ビタミンB1の含有量は最も多く、豚肉100gを食べるだけで一食分に必要な摂取量を摂ることができます!

 

ビタミンやミネラルは身体を正常に機能させるのに必須な栄養素ですが、現代人は添加物や加工食品に囲まれているため、これらの栄養が足りていないことが多いです。加工食品では三大栄養素は摂取できても、ビタミン・ミネラルは不足します。

そのため出来る限りはスーパーやコンビニの惣菜ではなく、自分で作ったり、手作りのレストランなどで食事を摂ることが大切!!

 

 

豚肉の銘柄

次に豚肉の銘柄について紹介します!と言っても全国すべての銘柄は無理なので、ここでは僕の近所のスーパーで売っている豚肉を。なぜ銘柄を気にする必要があるのかをお伝えできればと思います。

 

銘柄別のポイント

豚肉の銘柄で何を見れば良いか?それはズバリ「飼料」「飼育環境」であると思います。近年では遺伝子組み換えの技術が格段に進歩していますが、世間に遺伝子組み換え作物って流通していないですよね。

実は、遺伝子組み換え作物は「家畜の飼料」になっていることが非常に多いのです。だってスーパーで売っても売れないでしょ?

あとは飼育環境も大切で、卵の選び方でも書いたように「狭いゲージ」で育てられている場合は非常に不健康かつ、抗生剤などを投与されていることがほとんどです。

 

雲仙クリーンポーク

例えば、僕の近所のスーパーで売ってる「雲仙クリーンポーク」を調べてみます。このお肉の特徴は、「肥育期間において、成長ホルモン剤はもちろん、抗生物質を一切使わない無添加期間を実現した、安心、安全に育てられた健康な豚」とのことです。

つまり、抗生剤や成長ホルモンなどを通常より控えているという工夫が伺えますね。ただし全期間ではなく、「無添加期間」という記載のされ方であり、具体的な期間はわからない状態です。

また豚の飼料に関しては「日和産業株式会社の飼料給与標準による。なお、飼料には、フラクトオリゴ糖、ビフィズス菌を添加。」と記載されています。もう突っ込んで少しその飼料についても調べてみましたが、遺伝子組み換えを使っているとも、使っていないとも書かれていませんでした。こう言う場合は、使っている可能性も疑うべきなのかもしれません。。使っていなかったら、その企業努力はアピールされるはずですよね。

 

 

 

ということで、美味しくて体にも良い豚肉!

ぜひ手作りのお店で食べたり、家でも積極的に食べてみてください!!

 

 

The following two tabs change content below.
発酵系PT ささやん

発酵系PT ささやん

地域の人が自然と健康になっていくようなまちづくりに取り組みたい!!/NPO法人presents代表理事/横浜を照らす地域WEBメディア「ハマテラス」運営//理学療法士/NESTA-PFT,FNS/人間研究/発酵男子/治療/教育/場づくり/未熟者の31歳AB型O脚