あなたの骨盤は歪んでいる? 骨盤の歪みをチェックして改善しよう!

こんにちは骨盤セミナーを来週に開催するいーちゃんです。

 

ということで今日は骨盤についてお話しします。

最近自分で骨盤の歪みをチェックする方法を見つけました!

けっこう評判良かったのでシェアします!

 

骨盤の歪みをチェックする方法

座った状態で手を入れて、左右のお尻のゴリゴリした骨を触ります。

これを坐骨と言います。

 

入れた手で左右の坐骨の加わる圧を感じて下さい。

この時に右の方が圧が強かったら、右に傾いています。

 

左右均等の人はしっかり真ん中に体重がかかっているのでバッチリです!

 

どうでしょうか?

けっこう左右差を感じられやすいかと思います。

僕の場合、右膝を怪我したことがあり、どうしても左に寄りやすいです。

大げさにやるとこんな感じですw

 

多い例としては、怪我をした反対側の坐骨に体重がかかることが多いです。

 

仕事中の長くとる体勢も影響しやすいです。

例えば、

・学校の先生は右手で黒板を書くので、右に寄りやすい

・ピアノの先生は、右足を踏み込むので右に寄りやすい

・コンビニのアルバイトでレジが左側にある人は、左に寄りやすい

・車の運転で右足のアクセルを踏むことが多いと右に寄りやすい

 

などなど、その人の長くとっている体勢の方に寄りやすいです。

 

骨盤の偏りがあると、腰椎が曲がり、腰痛を起こしたり、

右足に体重がかかりやすいと、右側の坐骨神経痛になりやすかったりしやすくなります。

 

何で右だけ痛いのかな?

と思うことはありませんか?

 

それは、骨盤が歪んでいるからかもしれません。

さあ、もう一度チェックしてみましょう!

お尻の圧はどちらにかかっていますか?

骨盤の歪みを治す方法

骨盤体操!!

 

圧のかかっていない方に荷重をかける練習をしましょう!

 

ポイント

・ゆっくり荷重をかける

・肩は平行に

・頭はまっすぐに

 

②並進運動

 

 

 

 

 

 

 

手を伸ばして並進運動です。

ポイントはさっきと同じです。

 

まとめ

骨盤の歪みは日常の癖から起きていきやすいです。

それも何年もかけて段々気づかないうちに歪んでいきます。

そして片側だけに負担がかかり、痛みを引き起こします。

今回はその歪みを簡単にチェックできるよう紹介しました!

坐骨にかかる荷重を均等にすることで、

右左の左右差がなくなるのでバランスが良くなります!

ちょっとしたことですが、大きなことにならないうちに骨盤体操で予防しましょう!

以上いーちゃんでした!

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

いーちゃん

理学療法士/スポーツリズムトレーニング/マリノスサポーター/綱島/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。