はまっこクーイズ!!

 

↑これ知っていますか?

 

知っているアナタは千葉人ですね!!!

 

これ千葉の田舎の学校では給食の時間によく出ていたやつなんですよね。

 

いわしが角煮として3個入っているんですが、どう考えても3個じゃ白米を食べるのに少ないんです。

 

だから当時はちびちび食べていたのを覚えています。

 

今はもう大人なので、財力にものを言わせて大人買いしてアホみたいにご飯にのせて食べたりしています。

 

このいわしの角煮はとてもオススメの食材なのですが、今日はそんな話ではありません。

 

というか、そもそもこの話をなぜ書いたのか、こうやって書いている今でさえよくわかっておらず

 

どうやって今日の本題に繋げようか考えています。

 

クマ臓です。

 

結局思いつかなかったので、そのまま本題に入ります。

 

はまっこのみなさんは、前回の

 

神奈川県生産量ナンバーワンの野菜知ってる?

 

の記事はご覧になられましたか?

 

1行でまとめると

 

神奈川県生産量ナンバーワンの野菜はキャベツだよ

 

って記事です。

 

はまっこの皆さんなら余裕で答えられましたよね?

 

では今日もはまっこクイズを出したいと思います!!

 

生産量ナンバーツーの野菜は?

 

前回は一番だったので、今回は2番を答えてもらいます!!

 

Q、神奈川県の生産量第2位の野菜は何?

 

A:トマト

 

B:だいこん

 

C:ほうれん草

 

生粋のはまっこならわかるはず!!

 

正解は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

もっと下までスクロールして♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょい!

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

B:だいこん

 

でした~♪

 

わかりましたか?

 

ついでなので、大根についても勉強しちゃいましょう!!

 

大根の全て

大根はおろして良し、煮て良し、漬けても良しと、淡白な味わいながら大根ほど様々に調理される野菜は少ないです。

 

年間を通して出回っている野菜ですが、旬は秋から冬です。

 

ことに冬場は、寒さでぐんと甘さが増し冬のメニューにかかせない素材となっています。

 

自分もこの時期になると、よく大根を煮て食べています♬

 

では、生産量第2位の大根にはどんな栄養があってどう食べるといいのでしょうか?

 

 

効能:

消化不良 胃酸過多 二日酔い せき 打ち身 頭痛 発熱 のぼせ 歯ぐきの出血 ニキビ 冷え性

がん 動脈硬化、胃潰瘍、胃炎、便秘

 

すごいいろいろな効能がありますね(笑)

 

 

大根の注目栄養成分

ビタミンA

ビタミンC

食物繊維(リグニン)

ジアスターゼ

アミラーゼ

フラボノイド

 

大根の消化酵素が胃腸を整える

大根の根の部分には、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれているほか、グリコシダーゼなどの酵素が含まれているため、食物の消化を助けるとともに腸の働きを整えてくれる効果があります。

 

ジアスターゼにはまた、焼き魚の焦げた部分に含まれる発ガン物質の解消をはじめ、高い解毒作用もあり、付け合せの大根おろしなどはまさに理にかなった食べ方といえるでしょう。

 

よく、芝居のへたな役者のことを「だいこん役者」といいますが、これは、大根を食べても決して食あたりしないことに「当たらない役者」をかけたものです。

 

大根の絡み成分のアリル化合物にも、胃液の分泌を高めて消化を促進する働きが認められ、胃にとっては実に心強い見方なのです。

 

☆消化を助ける大根おろし

大根のジアスターゼが胃腸にいいことは前項で述べたとおりですが、ご飯や餅、いもなどを食べ過ぎて胃のもたれを感じたときに、大根おろしを食べると、スッキリと楽になります。

 

また、でんぷんだけでなく、たんぱく質や脂肪の消化も助けます。 焼き魚や焼肉に大根おろしが欠かせないのもこのためです。

 

日本人は消化能力がもともと弱い民族です。なので、こうやって消化を助けてくれる食材はとても大事になります。

 

また、胃酸の中和作用もあるので、ゲップ、胃のもたれ、胸やけなど胃酸過多の諸症状を改善してくれます。

 

二日酔いでスッキリしないときもすりおろして飲むとよいでしょう。 胃の不快感が解消するとともに、ビタミンCが肝臓の働きを高めてくれます。

 

大根の栄養素

大根の栄養素として、まず豊富なビタミンCがあげられます。

ただし、大根のビタミンCの分布は平均しておらず、中心部より表面の皮のほうが約2倍も多く含んでいます。ですのでなるべく皮はむかずにきれいに洗って皮ごと食べることをおススメします。

 

また、見逃せないのが、葉の栄養でビタミンCも根の部分より多く含まれているほか、根には含まれていないビタミンA(カロチン)も、葉には多く含まれています。

 

さらに葉の部分には、ビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などの成分を含み、まさに栄養豊富です。

 

葉つき大根を手に入れた際は、もったい

ないので葉は捨てずに食べるようにしま

しょう!!

The following two tabs change content below.
クマ臓

クマ臓

何事も熟している方がいいに決まっている!!努力している人が報われる社会を目指す。★一般社団法人日本内臓ヨガ協会 代表理事 ★日本で唯一の内臓ヨガ創始者 ★内臓ヨガインストラクター ★NPO法人 presents 理事 食育事業部長 ★理学療法士 ★内臓と食事と時々熟女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。