米はコレステロールを抑えてくれる。

東京農業大学の山本祐司教授が発表した、米が、様々な生活習慣病の原因となるコレステロールを抑えてくれるという研究結果は、SNSで話題になっている。ぜひこの記事をシェアしたい。

 

ご飯はコレステロールを下げる

 

「健常な人と脂肪肝の人に、90日間玄米を食べ続けてもらいました。健常な人のコレステロール値には変化がありませんでしたが、脂肪肝の人はコレステロール値が下がり、炎症を表すマーカー値も低くなりました。脂肪肝が改善されていると推測できます。ラットでの実験結果を考えると、玄米ではなく白米でも、十分意味があるといえるでしょう」

引用元:米こそコレステロールと脂肪肝を抑える! 東京農業大学教授が発表

 

コレステロールが高くなりやすい状態というのは、肥満があること、食事で脂肪分の多い食事をとることがつくりだします。

以前から、穀類をあるいはお米をたくさんとっていると、コレステロール値が低くなるという調査はありました。

今回はそれをさらに裏付けする形となったと言えるでしょう。

 

おにぎりは素手で握ると美味しくなる件についてでも話したが、私は白米が大好きです。

就職面接の際に、「好きな食べ物はなんですか?」という質問がありました。

私は迷わず、「白米!」と答えました。

それから私は、白米というあだ名がついたことは言うまでもありません。(嘘です)

日本人や白米好きにとっては朗報となるか。ぜひ詳細をご覧ください。

The following two tabs change content below.
インテリPCメガネPT 林 祐介

インテリPCメガネPT 林 祐介

◇【NPO法人presents】理事 ◆地域を健康から豊かにする団体 【tocoS】代表 ◇【臨床OJT研究会】理事 ◆【千葉県理学療法士会】ニュース編集部 ◇理学療法士 ▶︎ ▶︎Facebook(https://www.facebook.com/yusuke.hayashi27) ▶︎twitter(@y_hayashi27) ぜひ繋がりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。