【自信のないすべての人へ】自己効力感を高めるコツ。

NPO法人Presentsのメンバーは自信のない人が多いです。(笑)

みんな早生まれだからという分析がされています。

そんなメンバーや、自信のないみなさんのために、今日は自信を持つためにはどうしたらいいかをテーマにしたいと思います。

自信を高めるコツ

自信を持つためには

自信と密接に関わるものとして、自己効力感(エフィカシー)というものがあります。

そして近い言葉に自己肯定感というものも存在します。

どちらも生きる上で重要な感情です。

聞きなれない言葉だと思いますので、簡単に解説していきます。

 

自己肯定感と自己効力感

自己肯定感

自己肯定感とは自分を肯定する感情です。

自分を認め、ポジティブに捉えられる人で、簡単に言えば「自分は凄い」という感情です。

反対に自分を批判し、ネガティブに捉えがちな感情を自己否定感といいます。

自己肯定感と自己否定感

 

 

自己効力感

自己効力感はカナダ人の心理学者が提唱したと言われています。

自己効力感とは、自分が行うことには効力があると言う感情。

簡単に言えば、「自分はできる」という感情です。

自己効力感が低いと、「どうせ失敗する」「自分ではダメだ」という感情が出てきます。

 

自己肯定感と自己効力感は重なり合っている部分があるため、はっきりと分けることができません。

私は自己肯定感を、自分の内を見た時の感情。自己効力感を、自分から外にあるもの見た時の感情と捉えています。

つまり自分は凄い!という気持ちは、自分の内側を捉えて承認することであり、自分はできる!という気持ちは自分が向かう先・未来を承認することだと思ってます。

 

エフィカシーを高めるコツ

自己効力感をエフィカシーと捉えることが多いようです。

エフィカシーは直訳では、効果や有効性のこと。

このエフィカシーを高めるには3つのポイントがあると言われています。

 

①自分で自分を承認する

 

②褒めてもらう

 

③他者を承認する

 

 

 

まずは自分から

上記の②と③は他者がいないと成立しません。

まずは自分を褒めることから始めてみましょう。

自分を褒めることが苦手な人がいます。

だからこそ、エフィカシーが高まらないのでしょうが。

その人たちは褒めるハードルを下げることです。

自分を褒められない人は、自分が凄いという思い込みを持っています。

自分では気づいていないかもしれませんが、そういう勘違いが起きていることがあります。

 

・ちゃんと朝目が覚めて、家族に「おはよう」と言えた。

・5分前に職場について準備ができた。

・今日もきちんと化粧ができた。

 

自分を承認する。

 

簡単なことでいいのです。

毎日遅刻しないことでも凄いことです。毎日きちんと挨拶できることも凄いことです。

人を思いやるだけでも凄いことです。

そして、生きているだけでも凄いことなのです。

 

心にカウンターを持ちましょう。

褒めた対象の大きさではなく、褒めた回数でエフィカシーが高まると言われています。

自分の心にカウンターを持ち、自分を褒める回数を増やしてみましょう。

The following two tabs change content below.
インテリPCメガネPT 林 祐介

インテリPCメガネPT 林 祐介

◇【NPO法人presents】理事 ◆地域を健康から豊かにする団体 【tocoS】代表 ◇【臨床OJT研究会】理事 ◆【千葉県理学療法士会】ニュース編集部 ◇理学療法士 ▶︎ ▶︎Facebook(https://www.facebook.com/yusuke.hayashi27) ▶︎twitter(@y_hayashi27) ぜひ繋がりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。