痛みって何で起こるの?

最近かなりオシャレな杉田のBARに行って

ハマっているいーちゃんです。

今日は痛みについて一般の人向けに話します。

皆さん、怪我をしたときなんで痛いのか?

考えたことありますか?

とりあえずアイシング!湿布!薬!

と思っている人実はその対処法間違っているかもしれません。

痛みには色んな種類があります。

その痛みの種類によって対処法は変わってきます。

痛みの種類は大きく分けて2つ!

痛みの種類2つ!

 

①炎症性

②非炎症性

簡単ですよね?この2つだけです!

見分けかたも簡単です。

・痛い

・腫れてる

・赤い

・熱感

このような症状がある場合は炎症がある可能性が高いです。

対処法としては

・安静

・固定

・アイシング

これを覚えておきましょう!

上記の症状がない場合は、非炎症性の可能性が高いです。

そのような時に安静、アイシング、固定をしていると関節が固まってしまい余計に悪くなることもあります。

炎症症状があるときの対処法は有名になってきているので何となく知っている人もいると思いますが、みなさんが困っているのは慢性の痛みの対処法だと思います。

有名なのは、肩凝り、腰痛、膝痛ですね!

そんな慢性の痛みのメカニズムを紐解きましょう!

痛みのメカニズムについてです。

何で痛いの?

 

痛い理由は、脳と神経の伝達によって痛みが出ます。

簡単にまとめると

痛い→交感神経活動⤴︎→筋肉硬くなる

という悪循環に陥ります。

細かくは下の図を見てください!

痛いときに、精神的に辛くなるのもこれで分かりますね!

痛みと心と身体はリンクしています。

痛みの悪循環を断ち切ろう

今の日本の現状では忙しく、リラックスする時間が少なくなっていて余計に交感神経が働きやすい状態です。

しかし、その状態では負のスパイラルに陥ります。

悪循環を断ち切るには、副交感神経を意識することです。

副交感神経が働くには

・リラックスする

・血流を良くする

・筋肉を柔らかくする

・ヨガなど瞑想

・お風呂に入る

・ストレッチ

とにかくリラックスすることです。

慢性疼痛を治すポイントは副交感神経です!

みなさんも忙しいとは思いますが、出来ることから少しずつでも意識してやってみて下さい。

以上いーちゃんでした!

 

The following two tabs change content below.
アバター

いーちゃん

理学療法士/スポーツリズムトレーニング/マリノスサポーター/綱島/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。